キャッシングの申し込み方法と選び方

キャッシングの申し込み方法は、ただ店頭を訪れるだけが方法ではありません。もちろん店頭を訪れるのも一つの方法ではありますが、それ以外にも方法はあるのです。では、どのような方法が存在するのでしょうか。

今最も主流な方法の一つは、インターネットからの申し込みでしょう。

インターネット申し込みに特化したキャッシング業者も存在するほどで、そちらを利用すればより快適にキャッシングを申し込めるはずです。
インターネットならばどこでも申し込めますし、スマートフォンがあれば外出中でも可能です。

また、不安のある方は来店しての申し込みをしてもよいでしょう。店員が丁寧に説明してくれるため、わからない点を理解して借り入れできるのです。

せっかくなら申し込み方法も吟味して、キャッシングを選んでみてはいかがでしょうか。希望の申し込み方法がなかった、とならないよう、比較サイトなどを参考にしつつ慎重にキャッシングを選ぶことが大切です。

家から一歩も出ないのも当たり前の時代

インターネットで申し込みから返済まで全て出来るというカードローンを利用しました。

昔私が利用したこと今までのそう言ったカードローンは、ほとんどがインターネットだけでは出来ずに各種書類の郵送や、カードの受け取りに無人契約機に行ったりなど、インターネット以外の作業がありました。ですが、最近のは本当に全てがインターネットで完了できるんですね。驚きました。

消費者金融で有名なところはほとんどがスマホ用のアプリを作っています。各種書類はそれらのアプリを起動して写真を撮って送るだけです。まったく手間がかかりません。アプリのない会社も、メールに添付すればOKなところが多いです。本当に便利で驚きます。

返済も、提携銀行の口座を持っていればインターネットで口座自動引き落としの申請をするだけで良く、まったく手間がかかりません。

厳しい条件を満たせば、というのではなく、ほとんどの人が家から一歩も出ずにインターネットでカードローンを利用できます。本当にすごい時代になったなと感心しました。

キャッシングの条件について

キャッシングはどんな人ができるのか、その利用条件に関して気になっているという方は多いのではないでしょうか。ですからそのキャッシングの利用条件に関して紹介をしていきたいと思います。

まずキャッシング方法には色々なものがあり、それによって利用条件が多少異なってきます。

例えば、カードローンであれば20歳以上であり安定した収入さえあれば、アルバイト、学生、パート、派遣社員など色々な方がキャッシングを利用可能です。(参考:学生向けの消費者金融ってある? / 消費者金融エスプレッソ)

これが一番利用条件としては、クリアしたいようなものだと言えるのではないでしょうか。

このように、キャッシングの利用条件はあまり厳しくありませんから、したいと思った方はかなり多くの割合で、何かしらの方法にてキャッシングができると言えるのではないでしょうか。

ですから、今キャッシングの利用条件を知りたいと思っていた方々は、どうぞここで書いたような利用条件を参考になさってみてはいかがでしょうか。役立つことを願っています。

カードローンは銀行系か貸金業者系か

カードローンは大きく分けて銀行系のカードローンと貸金業者系のカードローンがありますが、それぞれの特徴で決める必要があります。

もちろん、総量規制の対象外であり、金利も貸金業者系のカードローンよりも低いことが多い銀行系のカードローンを利用することができればそれに越したことはないといえますが、銀行系のカードローンは一般的にかなり審査が厳しくなっており、利用限度額が多くなれば審査に通ることはなかなか難しいといわざるを得ません。

銀行系のカードローンよりも審査が通りやすく、審査にかかる時間も短い貸金業者系のカードローンですが、金利は銀行系のカードローンよりも高めに設定されており、総量規制の対象となっています。

極端な言い方をすれば、利用しやすいのが貸金業者系のカードローンで安くつくのが銀行系のカードローンといえますが、審査に通るような人はまず銀行系のカードローンを検討するほうが優先するといえるでしょう。

コンビニで利用できるのでとても便利

最近のカードローンは非常に使い易く、以前の消費者金融のイメージはほとんどありません。特に使いやすいと思ったのが、提携ATMが非常に多く、特にセブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどの銀行ATMで借り入れ、返済が出来るカードローン会社が非常に多くなっています。

コンビニエンスストアのATMを利用する事が出来れば、人に自分がお金を借りていることを判別されることはありませんので、まったく恥ずかしい思いをすることなく人にバレることなくお金を借りることが出来てしまいます。

金利の方も法定利息の範囲内でお金を借りることが出来る事から、まったくバブル時代の金融業界とは違い、本当にまったくデメリット無くお金を借りることが出来ます。金融業界と言えば取り立てなどの悪質で貸し付け、貸しはがしなどが問題になりましたが、現在の消費者金融業界はまったくそのような悪質なイメージはありませんので、安心してカードローンを組むことが出来ます。